中華蕎麦 葛(かずら) てぃ~けぇ~のラーメン紹介#⃣15

こんばんは。てぃ~けぇ~です。

 

暑さも少しマシになってきましたが、皆さん体調は大丈夫でしょうか?僕もだいぶ回復し、ラーメン巡りに励んでいます。でも、まだまだ油断できないので、しっかりと水分と塩分をとって、もう少し頑張りましょうね。

 

さて、今回紹介するお店は、『中華蕎麦 葛(かずら)』です。

友人と、初めは『クズ』と呼んでいましたが、調べると『かずら』でしたw

 

f:id:thi-ke:20200914203645j:plain

  

場所は、地下鉄 四つ橋線 本町駅から徒歩5分以内の所にあります。

車で行く場合は、近くのおススメの駐車場を紹介します。オススメの駐車場以外だと、倍ほどの料金を取られるので注意してください。

 

「中華蕎麦 葛(かずら)」

 

住所:大阪府 大阪市 西区 阿波座1-12-21 喜多ビル1F

 

TEL:非公開

 

営業時間:11時~16時

 

定休日:日曜、祝日

(コロナの影響で、営業時間、定休日が変更の可能性があります。注意してください)

 

てぃ~けぇ~オススメの駐車場

 

「コインパーク阿波座1丁目」

 

住所:大阪府 大阪市 西区 阿波座1丁目18-18

 

台数:6台

 

入出庫時間:24時間

 

料金:下の写真参照

 

青空ですが、狭い為、あまり大きな車で行くと、駐車が困難な可能性がある為、注意してください。

 

 

f:id:thi-ke:20200914203816j:plain

 

今回も、いつもの友人と平日の14時少し前くらいに行きました。お昼時を過ぎていても僕達の前に、4組並ばれていました。入店までだいたい25分ほどかかりました。

当日は、雨が降っていて、周辺の臭いは分かりませんでしたが、店内は臭いがありませんでしたので、大丈夫だと思います。

 

店内は、カウンターのみで7席しかなく、大人数では別々になると思いますが、女性のみの方や、女性1人のお客さんも見ましたので、女性でも入りやすくなっているお店だと思います。

席は一席ごとに透明の板で区切られていて、各席に消毒用アルコールが置かれ、コロナ対策がされていました。

 

店員に声を掛けられると、入店してすぐ右にある食券機で券を購入してから席に着く感じになります。

今回は、僕が「出し蕎麦」の大盛りと「ローストポーク丼」を、友人が「出し蕎麦」と「味玉ポーク丼(ハーフ)」を注文しました。

まずは、出し蕎麦の紹介です。

f:id:thi-ke:20200913190549j:plain

出し蕎麦の大盛りです。大盛りにすると煮卵半分とチャーシューが1枚プラスされます。

こちらのラーメンもエスプーマ(泡)系ラーメンになります。

スープはおそらく鶏とカツオだと思います。泡立っていて少しだけクリーミーで、ローストポークの下に隠れているカツオの粉を混ぜると味に変化がおきて美味しいです。

 

蕎麦と書いていますが、麺は中華蕎麦で使われている麺ではなく、ラーメンの麺になっています。中細ストレート麺で、少しプリプリしていて食べ応えがあります。

写真では写っていませんが、中に小さく刻まれた玉ねぎがあり、スープと麺との相性がいいですね。

ローストポークも柔らかく、とても美味しいです。

煮卵の方ですが、こちらは煮卵ではなく、燻製卵になります。最近友人とよく色々なラーメンを食べに行きますが、燻製卵は初めてでした。

好き嫌いが分かれる所だと思いますが、僕は燻製が苦手でして、食べてみると、燻製独特の臭いが口から鼻にかけてきて、味も燻製独特の味がしてやっぱり苦手でした。

ただ、友人が燻製の物が大好きで、ラーメンに燻製卵というのが新鮮で、食べてみると美味しい、大好きだと言っていてので、燻製が好きな方はいいと思います。

 

次に、ローストポーク丼です。

f:id:thi-ke:20200913192944j:plain

こちらのローストポーク丼ですが、二つ変わっていて、一つが、ゴボウが入っていました。二つ目は、バジルソースがかかっていることです。

ご飯とローストポーク、甘めのタレがかかっているのですが、そこに、しっかり煮込まれて味がしっかりしているシャキシャキのゴボウが歯ごたえを生み、美味しいですね。バジルソースもこのローストポークにとても合っていて、他店では味わえない美味しさがあります。

器を見た時、ハーフではないのに少し量が少ないかなと思いましたが、そんなことはなく、真ん中の方が窪んでいて、ご飯がみっちり入れられているので、見た目より量が多いです。

 

続いては、味玉ポーク丼(ハーフ)です。

f:id:thi-ke:20200913194136j:plain

こちらはローストポーク丼の半分の量で、真ん中の卵が半熟卵から燻製卵に変更されています。

味の感想はローストポーク丼と同じなのですが、燻製卵が好き嫌いが分かれる所だと思います。

 

総合的には、スープのクリーミーさも以前紹介した『三つ葉』に負けますし、麺のプリプリ感も、こちらも以前紹介した『麺や 福はら』に負けますが、カツオが効いていてまた少し変わった味なので、近くに行くことがあればまた行きたいなと言う感じですね。

ただ、大阪市内のあの場所で、ラーメンが650円と言う値段には正直驚かされました。他の店舗だと、大体800円~900程度が相場の所を考えると、家や職場の近くにお店があれば、おそらく通ってると思います。 

ローストポーク丼も630円と思えないクオリティーでした。

 

友人が、ブログに是非書いて欲しいと言っていたのが、この燻製卵がめっちゃ美味しいみたいで、今までのラーメン屋の中で、サイドメニューでは1番だと言っていました。僕は、燻製がダメなので分かりませんが、燻製好きの方は絶対に美味しいと思うので、是非、食べに行ってみて欲しいとのことです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

質問、感想等あればコメント頂ければ嬉しいです。