thi-keの何でもブログ

ラーメン大好きの私が、大阪を中心に色んなラーメン店を紹介していきます。あと、私が購入した物を紹介して、皆さんの買い物の役に立てたらと思います。

『ぎおん 徳屋』京都市 祇園 てぃ~けぇ~のラーメン紹介 外伝#⃣25

こんばんは。てぃ~けぇ~です。

 

今回は、前回の続いて京都編になります。

お店はコチラ⇩

『ぎおん 徳屋』さんです。

 

場所は、京阪本線「祇園四条駅」から徒歩10分ほどの所になります。

車で行く場合は、お店周辺が時間帯で車が通れなかったり、一方通行が多いので、少し歩かないといけませんが、今回僕たちが利用したコインパーキングを紹介します。

 

 

『ぎおん 徳屋』

 

住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-127

 

TEL:075-561-5554

 

営業時間:12時~18時(売り切れ次第終了)

 

定休日:不定休

 

今回僕たちが利用したコインパーキング

「P.TIME 祇園八坂」

 

住所:京都府 京都市 東山区 下河原通八坂鳥居前下る 清水町492

(カーナビに入れる場合は、「下河原通八坂鳥居前下る」の部分は無しでの入力になると思います。)

 

台数:5台

 

入出庫時間:24時間

 

その他:クレジット不可、高額紙幣不可、電子マネー不可

 

料金:下記写真参照

※このコインパーキングは、小さく停めにくいのですが、近辺で同じような料金で広いパーキングがいくつもあります。土日祝日は車も多いと思いますが、停めれないことは無いと思います。

 

前回は、お昼にラーメンを食べましたが、その後に甘い物が食べたいと言う事で、せっかくなので京都のスイーツを食べてきたので紹介します。

 

お店周辺は、和と昔をイメージした町並みで、行った時がゴールデンウィークの中日の平日でしたが、人はかなり多かったです。

日本人もいますが、外国の方が多かった印象です。

 

お店に着くと、まず入口の中に入ってすぐの整理券を取ります。

並んでいても、整理券の順番に呼ばれるので、並ばなくても大丈夫そうです。

お店前で待っているときは、日傘を無料で貸していただけるので、助かります。

僕達は、丁度15時くらいにお邪魔しましたが、前に4組ほどいて、40分ほど並びました。

並んでいる間に、次々と売り切れの商品が発表され、すべて無くなると終了になります。

この日は平日ですが、約4点ほどが売り切れになっていました。

土日、祝日はもう少し売り切れになるのが早いと思います。

 

 

席は1階だけでなく2階にもあり、今回は2階に案内してもらいました。

2階の席は、2人がけテーブルが4つ、4人掛けテーブルが5つありました。

店内は、階段等少し古さを感じますが、席などはとても綺麗で、落ち着いたいい雰囲気になっています。

僕が思ったのは、昔のおばあちゃんの家を思い出しましたw

 

客層ですが、若い方も年配の方も、女性グループやカップル、女性の1人客から男のグループと幅広く、小さなお子様も連れてこれると思います。

ただ、団体客はお店の人と相談した方がいいかもしれませんね。

 

席に着いて、メニューを決めます。

メニューは、ぜんざい、かき氷、わらび餅など、色々あります。

(最後にメニューを載せておきます)

 

今回は、僕は「花見こもち」の「おしるこ」を、ダージャンが「徳屋の本わらびもち」を注文しました。

 

では、僕の食べた「花見こもち」の「おしるこ」の方から紹介します。

まず、いくつか食べ方があります。

1つ目は、左のお椀にはお湯が入っていて、焼いた餅をお湯に潜らせて、左側の花柄のきな粉に付けていただきます。

 

2つ目は、海苔巻きですね。

 

3つ目は、醤油に付けて食べます。

 

4つ目はおしるこに入れて食べます。

 

1番右の昆布は箸休めに少し塩っ気のある物で口の中をリセットする感じですね。

 

お餅は時こんな感じです⇩

これを、網でじっくり焼きます。

焼いている写真を撮り忘れました(´;ω;`)

 

とりあえず、1~4つのすべての食べ方を試してみましたが、やっぱり僕は4つ目の「おしるこに入れて食べる」が1番好きですね。

 

お餅の大きさも大きすぎず、焼きやすいし、量も結構あり、満足できるセットになっています。

1度にお餅を乗せすぎると、焼き過ぎやバタバタしてしまうので、1つか2つづつ、ゆっくり焼くのがオススメです。

全体的に甘さは控えめですが、醤油も辛くなく、とても美味しかったです。

 

次は、ダージャンが食べた「徳屋の本わらびもち」です。

こちらは、右が黒蜜で、左がきな粉です。

透明のわらび餅の真ん中と下には、氷で冷やして、ぬるくならないようになっていますね。

 

お箸で持ち上げるとこんな感じです⇩

とろっとしていて、のど越しがとてもいいです。

下の氷を一緒に口に含んでしまうと、その気持ちいい食感が損なってしまうので注意が必要です。

ダージャンは、黒蜜よりきな粉が好きと言っていましたが、両方とても美味しく頂きました。

 

甘さ自体は、そこまで甘いわけではなく、上品な甘さになっています。

氷で冷やされているので、冷涼感がとてもいいです。

 

「まとめ」

とても満足の行くお店ですね。

接客やお店の雰囲気もよく、「おもてなし感」がとてもいいです。

 

全体的に甘さは控えめになっていますが、その上品さがとても美味しく、また来たいお店だと思いました。

 

少しネックなのが、客が多く、順番待ちになることが多いです。

お店に行った時は、前に4組でしたが、帰る時は6組待ちになっていました。

早めに行かないと、食べたいメニューが売り切れになってしまうので注意が必要です。

 

少し値段がしますが、「おもてなし」や「京都の落ち着いた雰囲気」を味わうのにいいお店だと思いますので、京都に来た際は1度行ってみてください。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。