thi-keの何でもブログ

ラーメン大好きの私が、大阪を中心に色んなラーメン店を紹介していきます。あと、私が購入した物を紹介して、皆さんの買い物の役に立てたらと思います。

麺や 鳥の鶏次 てぃ~けぇ~のラーメン紹介#⃣39

ども。てぃ~けぇ~です。

 

日中は暑いですが、夜はまだ少し肌寒い日がありますので、体調管理には十分注意してくださいね。

 

さて、今回紹介するお店はこちらになります。

 

f:id:thi-ke:20210621202434j:plain

『麺や 鳥の鶏次』です。

場所は、南海高野線中百舌鳥駅」地下鉄御堂筋線中百舌鳥駅」から徒歩5分程の所にあります。

以前紹介した『創作まぜそば〇△▢』のお店から近く、もう少し北に行った所にあります。

車で行く場合は、お店の前にコインパーキングがあります。日中は利用者が多く、満車になることがありますが、ここ以外にも近くに二つほどあるので安心してください。

お店の前の道が狭いですが、駅が近いのと抜け道にもなっているので人や車が多く、よく混雑しています。

あと、お店のすぐ近くの踏切ですが、よく警察官が陰に隠れて立っておられるので、渡る際は十分注意してくださいね。

 

『麺や 鳥の鶏次』

 

住所:大阪府 堺市 北区 中百舌鳥町 2-300

 

TEL:072-240-1711

 

営業時間:11時から0時30分  L.O...24時

 

定休日:年中無休

 

(コロナの影響で、営業時間、定休日が変更の可能性があります。事前に確認をお願いします)

 

 お店前のコインパーキング

「中百舌鳥駐車場」

 

台数:20台

 

入出庫時間:24時間

 

料金:下の写真参照

f:id:thi-ke:20210622204216j:plain

この駐車場は、最近増えてきている「ロック版」がないタイプの駐車場になっています。駐車する際に、監視カメラで車の撮影をされています。用事が済んで帰る時に、駐車した場所の番号の料金を払うと、駐車した後ろのポールに「清算済み」とランプが光るようになっているので、帰る際は確認してから帰る方がいいと思います。 

各種クレジットカードも使えるみたいです。

 

 

今回も友人Hとスケジュールが合わず、1人で行ってきました。

近くに用事があり、たまたま二日連続で行くことになったのですが、人気店だけあってお昼時は人が多く、1人では並ぶ気になれませんでした。

そこで時間をずらしてから再度行ってみました。

時間は1日目は14時過ぎでした。それでもまだ並ばれていて、僕で3番目でした。

回転は速く、並んでいる時間は10分から15分程でした。

2日目は15時過ぎに行くと並ばずに入れましたが、ほぼ満席の状態でした。

 

お店周辺や店内の気になる臭い等はありませんでした。

お店自体が狭いですが、縦にカウンターが14席、奥に行くと少し広くなっていて4人掛けのテーブルが2つあります。

お客さんの多くは男性の1人客かカップルで、小さなお子様連れなどはいませんでした。

お店が狭く、お子様連れは厳しいですね。

全体的に若い人が多い感じがしました。

 

最近気になる方も多いと思いますが、コロナ対策としては「一応やってます」程度でした。

カウンターのアクリル板も2席に1つで、隣のお客さんとの距離もかなり近めで気を使います。アルコール消毒液等も見当たりませんでした。

 

今回の1日目は「つけ麺」の大盛り(熱盛り)と「レアチャーシュー丼」のセットを注文し、2日目は「鶏そば」の塩の大盛りを注文しました。

 

「つけ麺」から順番に紹介していきたいと思います。

f:id:thi-ke:20210626142827j:plain

「麺」

〇中細麺

〇全粒粉

〇ストレート麺

「スープ」

〇魚介白湯

〇白湯と魚介の割合が半々

「具材」

〇レアチャーシュー

〇カイワレ

〇半熟たまご(半分)

〇スープ内に溶け込んだ具材あり

写真は大盛りの熱盛りです。

 

着丼して思ったことは、スープが「白っぽい」のは珍しいなっと少し思いました。今まではほとんどのお店が「茶色」が多かったので、白湯が強めかなと思いました。

スープだけを少し飲んでみると、魚介と白湯が半々から少し白湯が勝ってるかなと思います。

こってり度合いは「つけ麺」としてはこってりしていない方でしたが、決してあっさりではないです。

しかし、この程度なら女性も食べやすい丁度いい具合になっています。

 

麺をスープにつけて食べてみると、麺への染み込みと言いますか、絡みがもう少し欲しいです。「全粒粉」ですので麺自体にも少し味があるのですが、それでも麺にもう少し染み込んで、味がしっかりしていて欲しいです。

 

具のレアチャーシューは、半生で柔らかく、食べやすくて美味しいです。

少しスープにつけておくと少し火が通った感じになって色が変わり、食感も変わってこちらも美味しいです。

 

「つけ麺」の評価としては、「ここまでお店に並んで食べようとは思わないな」と思いました。

前回紹介した『ニューヨーク✖ニューヨーク』や去年紹介した『フェニックスの涙』の方が麺に絡むスープや麺の食感や歯ごたえが良く、美味しかったです。

 

次は「レアチャーシュー丼」です。

f:id:thi-ke:20210626152830j:plain

ブロック状に切られたレアチャーシューにシャキシャキのネギと卵黄が入っていて、タレは定番のジュレがかかっています。

レアチャーシューの歯ごたえも良く、ご飯、レアチャーシューの量、ジュレの量も丁度良くて美味しいですが、「定番」すぎてこれと言った特徴はないですね。

ランチとディナーでは料金が違うのですが、お昼のランチで250円で食べられるのはかなりお得だと思います。

 

他にもランチのセットメニューがあります。

f:id:thi-ke:20210626165202j:plain

ディナー時のセットメニューはお昼のセットメニューに+100円です。

 

 

最後に2日目に注文した「鶏そば」の塩の大盛りを紹介します。

f:id:thi-ke:20210626155204j:plain

「麺」

〇細麺

〇角麺(▢麺)

〇ストレート麺

「スープ」

〇白湯

クリーミー

「具材」

〇カイワレ

〇レアチャーシュー

〇ホウレンソウ

写真は大盛りです。

 

着丼して、スープを一口飲んでみると、すごいクリーミーで濃厚な白湯で少し感動しました。僕のお気に入りで以前紹介したお店『ラーメン みつ葉』を思い出しました。

濃厚ですが、そこまでこってりと言う訳ではなくなめらかで、女性にも人気があると思います。

 

ただ、麺が細麺なのですが、スープの染み込みが甘く、歯ごたえも少し足りないです。

もう少しスープを吸って欲しいです。

あと麺自体がしっかりしていない為、スープに負けてしまっています。

 

レアチャーシューはつけ麺と同じで、このレアチャーシューの下にホウレンソウが隠れています。ですが茹でられただけで、特に味が付いている訳でも特徴がある訳ではありません。

なぜ入っているか分かりませんw

 

「鶏そば塩」の評価は、また食べに行きたいと思いました。

さすがにお昼時や夕方の時間帯は並んでまでって言われると悩みますし、麺も少し不満がありますが、それでも「鶏そば」は総合的に美味しいと思いました。

 

他店のラーメン屋は「昼の部」と「夜の部」が分かれていて、15時から17時はやっていないお店が多いですが、このお店は通しで1日やってくれているので、時間がずれても行けるのが助かります。

 

あと、このお店のすごい所は、ラーメン、つけ麺のメニューが合わせて10種類くらいあるのですが、周りを少し観察していると、皆さん結構注文がバラバラで、色々なメニューを注文していました。

初めて来店した時、メニューの多さと周りの注文の様子から、何を頼むかオススメが分からずに悩むと思います。

なので注文されているランキングなどがあれば分かりやすくて、注文しやすいと思います。

僕も次回行った時はまた違うメニューを注文してみます。

 

メニューを載せておきますので、良ければ行ってみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

f:id:thi-ke:20210626165254j:plain

f:id:thi-ke:20210626165313j:plain